術後のケアが重要

近年はイントラレーシックが定着してきている

「イントラレーシック」とはレーシック手術の進化版と言われているレーシック手術です。
従来型レーシックではマイクロケラトームという電動メスのようなものでフラップを作成します。
ですが、イントラレーシックではコンピューター制御されたレーザーでより精巧なフラップを作成することができるために、従来よりも強度の近視を矯正することができるようになりました。
安全性も高いということもあって主流になりつつあります。
そういう点ではお値段が少々高くてもこちらを選ぶ人が多いのです。
レーシック手術の安全性こちらの記事も是非ご覧ください。

なんといっても眼の手術にコンピューターを組み込むことによってより、正確に安全にレーシック手術を受けられるようになったといってもいいのです。
ちなみにイントラレーシックでは今まで手作業でしていたことをコンピューターにゆだねるために正確に矯正される分、値段が高くなっています。
それでもレーシック手術は1度受ければ2度は受けない手術といってもよく、眼に対するリスクを少しでも和らげたいのであるならば、お勧めのレーシック手術方法として人気があるといってもいいでしょう。

イントラレーシックは角膜の厚みが薄くてレーシックでは不適応と診断された人でも、イントラレーシックなら適応する可能性が高くなるとも言われています。
さらになによりもイントラレーシックなら術後のデメリットが発生する確率が、 レーシック手術よりもかなり低くされているために安全であると言えるでしょう。
ある意味ではレーシック手術は医師の一定量の技術力が求められるのに対し、イントラレーシックは医師の技量に左右されない一定量の正確さがあるのです。

また昨今になり、眼鏡でもコンタクトレンズでも矯正できなかった不正乱視が、イントラレーシックによって矯正できるようになりました。
適応検査を受けた時にレーシック手術とイントラレーシック手術のことをよく聞いて、適応検査でも問題がなければ、値段のことも考慮に入れて考えてみてはいかがでしょうか。
レーシックで医療保険の使用については事前に調べておきましょう。

Menu