術後のケアが重要

レーシックは事前の適応検査というものがある

レーシック手術を受けるためには事前に「適応検査」を受けなければならないのですが、この適応検査によって様々なことが決まるといってもいいでしょう。
まずレーシック手術を散々悩んだ末に受ける決意をしたのに、検査の結果次第では受けられないということがあるのです。
それは角膜が薄くレーシック手術を受けるだけなかったり、緑内障や白内障の人や、視神経障害のある人、重篤な糖尿病の症状がみられる人、妊娠している人などといった、個人の健康状態によって判断されることが大きいです。

角膜が薄くレーシック手術を受けるだけなかった人の場合は少し別のレーシック手術を受けることができます。
エピレーシックという方法なら、エピケラトームという機器を使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法で、角膜の薄い人でも大丈夫です。
またラゼックという方法は、フラップを作成する際にエピケラトームの代わりにアルコールを使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法というように、角膜を削ってフラップを作るという方法が取れない場合の手術方法も確立しています。
こちらのレーシック手術比較サイトも是非ご覧になってください。

ですから諦める必要はないのですが、少し考えていたレーシック手術とは異なる点から決意のし直しになりかねません。
ちなみに1カ所の病院で角膜が薄いのでと、他の手術方法を聞かされても、別の病院ではレーシック手術が出来ると言われる場合があります。
効かされたメリットやデメリットなどをよく考えて、分からなければまた別の病院で適応検査を受けましょう。
こちらのレーシック手術前後についての記事も必見です。

何処の病院でどんなことを言われ、どんな感想を持ったかなど、適応検査は病院の下調べのようなものも兼ねています。
適応検査がしっかりとしている病院ほど、信頼も出来ますし、こちらの質問や疑問や不安などに関してもどれだけしっかりと応えてくれるのかの判断もできますし、病院の環境などもチェックするのにもよいでしょう。
レーシック手術を受ける病院を選ぶ意味でも適応検査は大切です。
こちらのレーシック手術方法もしっかり読んでおきましょう。

Menu