術後のケアが重要

レーシックを受けるならコンタクトレンズに注意!

レーシックを受ける前に適応検査を受けます。
その検査を受ける前にコンタクトレンズを入れて過ごしている人は眼鏡にしてください。
最低でもソフトコンタクトならば1週間前に、ハードコンタクトレンズならば2週間前から使用するのを中止してください。
コンタクトレンズを使用したままですと角膜にコンタクトレンズの影響がでてしまい、正確なデーターが測れなくなってしまいます。
適応検査を受けてから1ヵ月が過ぎると角膜が再び変化を起こしてしまうために再検査をしてレーシック手術に臨むというほどにとても繊細な作業が必要になります。

そのためレーシックをしようかと迷い始めた時からコンタクトレンズの使用はやめて眼鏡で生活するようにしてください。
さらにいうならばコンタクトレンズは角膜を薄くしてしまう原因になってしまいますので、レーシックを考えている場合には余計にしないほうがいいでしょう。

↑のサイトにもレーシック手術の注意点など詳しく掲載されています。

レーシックをするには角膜がとても重要で、角膜が薄いためにレーシック手術が受けられない場合や他の手術になる場合があるのです。

それではなぜコンタクトレンズを使用していると角膜が薄くなるということになるのかと言えば、答えはコンタクトレンズが眼の中に入れるものであることに大きな理由があります。
角膜は表面から上皮層、ボーマン層、実質層、デスメ膜、内皮層という層になっています。
この中でも表面の上皮層は再生力が強く、コンタクトレンズで傷がついても数日で治る再生力を持っているのですが、最も奥にある内皮層は再生能力がありません。

しかも被害を受けることによって減少してしまいます。
さらには多くの酸素を必要とするのにコンタクトレンズで覆われているために酸素の供給が上手くいかずに内皮細胞は死滅してしまうのです。
つまりこうした症状が起こることによって本来あった角膜の細胞が失われていくことになり、いざレーシックの覚悟ができても角膜が薄いという状態になるのです。
レーシック手術を希望するのでしたらコンタクトレンズの使用は検査前だけでなく、使用しない方がいいでしょう。
こちらのレーシック手術前後の注意点もしっかりとご覧ください。

Menu