術後のケアが重要

レーシック年齢制限とその意味

レーシック手術には年齢制限があり、18歳以下では受けることが出来ません。
これから受験だからとか、勉強をよくできるようにするためにレーシック手術を受けたいと願う人は多いようですが、してはならないのです。
なぜならば18歳までは成長の可能性がある成長期です。
成長期に成長するのは身長や体格だけではありません。

角膜を含めた眼球も大きくなります。
せっかく治療を受けたのに、成長したことによって歪みが出てしまうということも起こるのです。
それでは視力回復どころか視力低下に繋がってしまう可能性が高くなってしまいます。
よって身体が成長しきる18歳以上が最低ラインと定められています。


↑のサイトにも詳しくレーシック手術に関する記事が掲載されています。
それでは何歳までレーシック手術を受けることができるのかといえば、これは病院にもよります。
最近のレーシック手術には老眼レーシック手術もありますので、この手術のことまで含めれば上限を決めるのはその病院がどのような手術が可能なのかにもかかっているといってもいいでしょう。
医師によるカウンセリングを受けることによって自分が望む手術をして視力を回復させるようにしましょう。
レーシック手術を受けたのに視力が回復しないということが一番ショックなことであるともいえます。

そのためにしっかりと病院は選ぶようにしましょう。
まずはカウンセリングで話をしっかりと聞いて、医師の意見ばかり押し付けるとか専門用語で有無をいわさずにこれにしなさいというような病院は少し考えた方がいいでしょう。
レーシック手術は眼と脳のむき出しの器官と呼ばれる場所にレーザーとはいえメスをいれるのです。
安心して自分の目を任せることのできる病院を選ぶのは自分の責任であり、当然の権利です。
こちらの今大注目の視力回復レーシック手術の銀座・品川・神奈川・神戸などの人気クリニックの紹介や口コミや費用についてなど知っておきたい情報が詳しく掲載されているサイトも大変お役に立つと思うので是非ご覧ください。

セカンドオピニオンどころか、いくつもの病院を回って決めてよいのです。
レーシック手術では近視の矯正は可能ですが、年齢が高くなりますと近視だけではない理由で視力の低下が始まります。
自分の視力低下の理由を知って相応しいレーシック手術を受けましょう。
こちらにレーシックの手術方法と費用が詳しく掲載されています。

Menu